SRSエアバッグを検証しましょう


低速(約時速20km以下)で衝突した場合、シートベルトだけで乗員を拘束することができるため、SRSエアバッグは作動しません。しかし、それ以上の衝撃になるとシートベルトだけでは乗員の頭部を支えることができず、ハンドルやウインドゥに衝突してしまいます。そこでSRSエアバッグがシートベルトの補助拘束装置として瞬時に作動し、乗員への衝撃を分散・緩和します。
ただしSRSエアバッグだけでは、乗員を支えることはできません。乗車中はかならずシートベルトを着用してください。

関連動画