バッテリーがあがったら


そのときのために、ブースターケーブルを用意しておきましょう。近くのクルマに救援を求め、1~4の手順でケーブルを正しく接続します。

  1. 故障車のバッテリーの+端子
  2. 救援車のバッテリーの+端子
  3. 救援車のバッテリーの-端子
  4. 故障車のエンジンの本体または車体

接続が終了したら、救援車のエンジンを始動させてから、故障車のエンジンを始動します。はずすときは4.3.2.1の手順です。まちがって接続すると、発火したり、バッテリーが爆発することもあり、たいへん危険です。

関連動画