走行中の危機回避


交差点では出合い頭の事故に要注意!

交差点および交差点付近では出会い頭の事故が30%と最も多く発生しています。出会い頭の事故を回避するためには、一時停止はもちろんのこと、ドライバーの行動パターンを知っておくことも重要です。 一方、交差点以外では路外逸脱や転倒などの単独事故や、正面衝突など車両相互の事故も多く発生しています。

信号の無い交差点では、必ず安全確認を

いくら交通量の少ない交差点といっても、油断は禁物!かならず左右の確認を行ってください。また、交差点で右折するときや、渋滞車両の間を横断する場合、周りのクルマや自転車の動きに注意し、最後までしっかりと状況を確認してください。

原付バイクは二段階右折

二段階右折の標識のある交差点では、信号の指示に従い、かならず二段階右折をしましょう。

クルマの死角

クルマには死角があります。そのため後方のバイクに気づかないことがあります。また、すばやく接近するバイクには、発見が遅れます。特に相手がトラック等の大型車では、右・左折時に巻き込まれ大変重大な傷害を負うおそれがあり、危険です。注意しましょう。車の後方を走行する場合は、左右、至近位置の後方等死角を避け、常にドライバーから見える位置を走行してください。

駐車車両に注意

駐車車両への衝突事故は死亡事故率が高く、走行中の車両に対する事故の死亡率の約5倍にもなります。特に原付きバイクで夜間に多く見られます。駐車車両への衝突事故はもちろん違法な路上駐車が大きな原因ですが、ヘルメットの脱落も死亡事故の原因となっています。特に見通しの悪い夜間については確認が遅れ、追突する危険性があります。
夜間の走行や、坂道の頂上付近、カーブ等、先が見えにくい場所ではかならず徐行しましょう。

関連動画