ヘルメットパーフェクトガイド


ヘルメットは品質や形状など安全基準に適合したものを選びましょう。使用状態や保管方法により、劣化等による品質、性能の低下が起ります。ヘルメットの使用年数など詳しくは説明書を参考にしてください。特に、大きな衝撃を受けたヘルメットや破損、改造したヘルメットは万一の場合、十分な性能を発揮しないおそれがあります。着用しないでください。

ヘルメットの種類

ヘルメットにはハーフ型、スリークォーターズ型、オープンフェイス型、フルフェイス型の4種類があります。ヘルメットの選択はバイクの大きさ(クラス)やライディングスタイルによって使い分けましょう。
中型・大型バイクにはオープンフェイス型、フルフェイス型を、ハーフ型、スリークォーターズ型は125cc以下のバイクに乗車するとき使用することができます。
用途表示に125cc以下用と表示されているヘルメットは中型・大型バイク乗車時には使用できません。 また、最近見かける装飾用ヘルメットは乗車用としては認められていません。ご注意ください。

安全基準を確認しましょう

ヘルメットには、各種安全試験に適合した製品でなければなりません。適合品には、PSC・SGマークがついてます。購入時にかならず確認してください。 SGマークではその有効期限を「購入後3年」と定めています。正常に使用して異常が認められなくても、使用後3年以内を目安として交換することをお勧めします。
その他にもJIS規格や米国プライベート団体が定めたスネル規格、レース参加のためのMFJ規格などがあります。でもこうした安全規格をクリアした商品であっても、正しくあごひもで固定されていないと、転倒時にヘルメットが脱げ重大な傷害を負うおそれがあります。かならずあごひもを締めてください。
詳しくは、ヘルメットの取扱説明書をごらんください。

ヘルメットはあごひもを締めて

ヘルメットはバイクの種類に適したものを選ぶとともに、あごひもをきちんと締め、万一の際にも脱落しない着用が重要です。
不適切な着用方法ではせっかくのヘルメットもその機能を十分に発揮することができません。

関連動画