ランプ類の変更


ウィンカーやリアコンビネーションランプのレンズを白色のものに変更した車両をよく街中でみることがあります。しかし、まちがった方法で取り付けた場合、不正改造となることがあります。

ウィンカーとブレーキランプ

ウィンカーやブレーキランプなどのランプ類は、点灯時の色や点滅の有無が道路運送車両法の保安基準で決められています。

ウィンカーは橙色で、1分間の点滅の回数が60~120回の範囲内に。またブレーキランプは赤色と決められて、自動的に点滅するものは禁止されています。従って、ブレーキランプやウィンカーが白く点灯するもの、ブレーキランプが点滅するもの、ウィンカーが高速で点滅するものは不正改造となります。

市販の商品の中には利用している間に着色ランプが経年変化により変色してしまうものがあります。注意しましょう。

リフレクター

夜間でも車両の位置が確認できるようコンビネーションランプ内にリフレクターが取り付けられている車両がありますが、白色レンズに取り替えた場合、リフレクターがついているか確認してください。リフレクターがついていない白色レンズに交換した場合、不正改造となるばかりか、他の車が誤認し事故を引き起こすことがありますので注意してください。

関連動画