タイヤの交換


パンクなどでタイヤ交換をする場合は、地盤が固く平らな場所で、安全にクルマが止められる場所を選び、交換作業を行ってください。

やむをえず路上などで作業をする場合には、車両後方に三角表示板などを設置し、後続車へ故障車の存在を知らせましょう。

交換の手順

  1. はじめに、エンジンを止め、パーキングブレーキをしっかりかけます。AT車はセレクトレバーをPに、MT車はロー(一速)またはRにシフトレバーを入れておきます。
  2. ジャッキやホイールナットレンチ、スペアタイヤなど必要なものを取り出します。
  3. 交換するタイヤの対角線側のタイヤの前後に輪留めをしてください。輪留めが無い場合には、石などで代用します。
  4. ジャッキは、交換するタイヤに近い所定のジャッキポイントへ掛けます。また、万一に備えスペアタイヤなどをボディ下に入れておきましょう。詳しくは、取扱説明書をご確認ください。
  5. 手回しでジャッキの溝がジャッキポイントに入るまで上げます。このときジャッキがぐらつかないか確認しておきましょう。
  6. ホイールナットの取り外しは、ジャッキアップする前に少し緩めておくとスムーズに行えます。
  7. 交換後、ホイールナットの締め付けは対角線上の順番で仮止めした後、タイヤが路面に接触するまでジャッキを下げ、車載のホイールナットレンチを使って同様な手順で締めてください。取り付け後、50~100m走行後に再度ナットの締め付け具合を確認してください。

ホイールの取り付けチェックポイント

ホイールの締め付けは緩くても強すぎてもいけません。決められた締め付けトルクで、それぞれ均等に締めることが大切です。車載のホイールナットレンチで確実に締めてください。締め付け具合が合っていないと異常振動が発生したり、ホイールの破損・脱落など思わぬ事故を引き起こすことがありますのでご注意ください。

関連動画