タイヤの交換時期とローテーション


交換時期

タイヤは走行中に摩耗してきます。交換時期を過ぎたタイヤを使用し続けると排水性能等が低下し、大変危険です。

タイヤの接地面(トレッド部)にはさまざまな溝(トレッドパターン)が彫られています。この溝はタイヤの性能を左右する大切なものです。この溝の深さが1.6mm未満になった場合、トレッド部にスリップサインが現れます。このサインが現れた場合には交換をしてください。

スタッドレスタイヤの交換時期

スタッドレスタイヤで積雪路および凍結路を走行する場合、トレッドの残り溝の深さが新品の状態から50%以上あるかを確認してください。目安はスリップサインとは別に、プラットホームという同様の盛り上がりが溝の部分に現れます。このプラットホームが現れた場合には、積雪路および凍結路での使用を避けていただくか、チェーンを装着してください。

その他交換が必要な場合

ゴム質の劣化が著しいタイヤや、走行中にパンクや縁石などに接触し、サイドウォールを著しく傷つけた場合には交換が必要となります。

ローテーション

タイヤの摩耗は、駆動方式や取り付けられた位置によって摩耗の状態が異なってきます。安定した制動力を維持させるとともに、寿命を延長させるためにもタイヤのローテーションを行ってください。ローテーションの方法は駆動方式、スペアタイヤの有無によって異なります。詳しくは取扱説明書で確認の上行ってください。

関連動画