衝撃吸収ボディってなに


最近のクルマは一般に衝撃吸収構造が採用されてます。乗員はもとより歩行者への衝撃も緩和するためにエンジンルームやトランクをつぶれやすくし、衝撃を分散、吸収する構造となっています。逆に室内は万一のときでも生存空間を確保するため、強固で変形しにくい構造となっています。

日本と世界の安全基準

自動車は世界各国で安全性を高めるため、さまざまな安全基準がもうけられています。日本のクルマはこうした基準をクリアするとともに高い安全性を実証しています。

リンク先
自動車事故対策機構
米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)
米国道路安全保険境界(HIS)
欧州(ユーロNCAP)
オーストラリア(NRMA)

関連動画