チャイルドシートの種類と注意


チャイルドシートは、お子さんの身長や体重に合わせます。

<< チャイルドシートの種類 >>

  • 乳児用
    体重10kg未満の乳児を対象とし、身長が70cm以下で、新生児から1歳くらいまで。
    乳児用には「後ろ向き」と「ベッド型」があります
  • 幼児用(前向き専用)
    体重9~18kg以下の幼児を対象とし、身長が65~100cm以下で、1~4歳くらいまで。
    なお、一台のチャイルドシートで、乳児用と幼児用が兼用できる「乳児・幼児兼用」もあります。
  • 学童用
    体重15~36kg以下の子どもを対象とし、身長が135cm以下で、4~10歳くらいまで。
    座面を上げて腰ベルトの位置を腰部に合わせることにより、大人用のシートベルトが使えるようにするものです。
    学童用チャイルドシートの性能は車両のシートベルトの性能によるものが大きいこともあり、アセスメントの対象としていません。

関連動画