チャイルドシートの効果


小さな子どもは、安全を守るためにも、チャイルドシート(子ども専用シート)が不可欠です。
2000年4月1日より、6歳未満の子どもを対象にチャイルドシートの使用が義務づけられています。守らなかった場合、違反点数1が課せられます。 6歳未満の子どもの自動車乗車中に交通事故(大破事故を除く)において、チャイルドシートを使用していると、使用していない場合に比べ致死率で約1/5、死亡・重傷率でも1/2に軽減されています。

関連動画