シートベルトの種類とその機能


一般的なシートベルトには大きく分け2つの種類があります。主に運転席や助手席に採用されているELR(エマージェンシー・ロッキング・リトラクター)とALR(オートマティック・ロッキング・リトラクター)の2種類があります。 ELRは体の動きに合わせ、ベルトの長さを自動的に調整するリトラクター機能と、緊急時ベルトを瞬時にロックさせる機能を合わせ持っています。 一方ALRには、さらにチャイルドシートをより確実に固定するため、ベルトを最後まで引き出すとロック機構が作動し、ベルトを戻した位置でロックし、最後まで戻さないと再び引き出すことができなくなる機構を備えています。 またELRには安全性向上のため、前面衝突時にSRSエアバッグと連動し、ベルトを瞬時に巻取ることでベルトのたるみをとり、前方への移動量を最小限にとどめるプリテンショナー機構と、シートベルトに規定以上の力が加わった時胸部への衝撃を緩和するためのロードリミッター機構が装備されてます。

関連動画