SRSエアバッグはどんなときにはたらくの


SRSエアバッグは乗員が重大な傷害を負うおそれのある、正面からの強い衝撃に対して、作動するように設定されています。 以下の条件によりSRSエアバッグは作動します。しかし、衝突速度が低かったり衝突の角度が大きい場合にはSRSエアバッグは作動しません。また、作動してもその効果を発揮できません。

  • 固定壁に時速20~30km以上の速度で正面から衝突したときと同程度の衝撃で作動します。(※固定壁とは、衝突時に変形や移動をしない壁をいう)
  • また、同程度の衝撃を正面から受けた場合
  • 停止している同クラスのクルマに時速40~60kmで正面から衝突した場合
  • 正面衝突の範囲は車両に対し左右約30度以内です。

走行中、次の事例のように車体下部(センサー付近)を激しくぶつけた場合にも、クルマの損傷はそれほどでもないのに、SRSエアバッグが作動する場合があります。

  • 縁石などに衝突したとき
  • 転落やジャンプしたときの着地時
  • 地面に強くぶつかったとき

SRSエアバッグが作動しない、または作動しても効果を発揮できない例

SRSエアバッグは塀やガードレールへ斜めから衝突した場合、または横方向及び後方からの衝撃には作動しないことがあります。もし作動しても効果を発揮できません。クルマの大きさ、車体構造、衝突の角度、衝突の部位等の違いによって一方のクルマのみ作動することがあります。

SRSエアバッグが作動しないことがある場合

  • 衝突の方向が車体の中心からずれた場合
  • 電柱や立ち木などに衝突したとき
  • トラックの荷台の下へ潜りこんだとき
  • ガードレールや塀へ斜めに衝突したとき

SRSエアバッグが作動することがありますが効果を発揮しない場合

  • 横転、転覆したとき
  • 追突されたとき

SRSサイドエアバッグ

SRSサイドエアバッグは、クルマが自車の客室部に対し横方向から一定以上の強い衝撃を受けたときに作動します。

SRSサイドエアバッグが作動しないことがある場合

  • 客室部に斜めから衝突されたとき
  • 客室部以外に側面から衝突されたとき

ぜったいしない、こんな姿勢

  • SRSサイドエアバッグ装備車ではドアにもたれかからない。

関連動画