チャイルドシートは大人の責任


小さな子どもを乗せるときは、チャイルドシートを使用してください。たとえ子どもがいやがっても使用に慣れさせるようにしましょう。また、チャイルドシートを購入するときは、クルマのシートにフィットするものを選び、かならず後ろの席に取りつけてください。

◎チャイルドシートを使用しなかった場合、交通事故による死亡重症率は着用した場合の2.2倍になります。(2010年/警察庁調べ)
◎2000年4月1日より、6歳未満の子どもを対象にチャイルドシートの着用が義務づけられています。守らなかった場合、違反点数1が課せられます。

からだに合ったものを選びましょう

子どもの体格に合うように、いろいろなタイプのチャイルドシートが用意されています。成長に応じ、いちばん適したものを選んでお使いください。

<< チャイルドシートの種類 >>

  参考体重 参考身長 参考年齢
乳児用 10kg未満 70cm以下 生後0~1歳
幼児用 9~18kg 65~100cm 1~4歳
学童用 16~36kg  95~135cm 4~10歳程度

(対象となる体重、身長、年齢は目安です)

チャイルドシート固定機能付きシートベルトで遊ばせない

子どもがこのシートベルトで遊んでいて、ロック機能が作動すると、思わぬ事故を引き起こす危険性があります。ご注意ください。

関連動画