正しい運転姿勢でシートベルトを忘れずに


運転姿勢

正しい運転姿勢は安全運転の基本。誤った姿勢で運転していると、とっさのとき、ハンドル操作やブレーキ操作が適切にできないので注意しましょう。

  • 膝がのびきらず、ブレーキペダルがしっかり踏める位置にシートを調整する。
  • ハンドルの上部を持ち、肘がのびきらない位に背もたれの角度を調節する。
  • ヘッドレストの中心を耳の高さに合わせる。

シートベルト

  • 肩ベルトが首にかからないようにアンカー位置を調整する。
  • バックルに“カチッ”と音がするまで確実に差し込む。
  • ベルトのたるみやねじれをとり体に密着させる。
  • 腰ベルトは腹部にかからないようにし、腰骨を押さえる位置にかける。

ルームミラーの角度調整

正しい姿勢のとき、ルームミラーの中心とリヤウインドゥの中心が合う位置に調節しましょう。

関連動画